2020年08月26日 10時00分 公開
PR

スマート工場に必須のエッジコンピューティング――欠かせない5つの要素とは?デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

製造業のスマート工場化への取り組みが進む中、注目度が高まっているのが工場で生まれる膨大なデータの近くでデータを処理・分析する「エッジコンピューティング」だ。しかし課題も存在する。その解決に欠かせない5つの要件を解説する。

[ITmedia]

 製造業のデジタル化に向けた取り組みの中で、いち早く広がりを見せるのが製造現場の「スマート工場化」だ。IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術を製造現場に取り込み、データ活用による生産性や品質向上を目指す動きが広がっている。

 製造現場で得られるデータ量は大幅に増えている。例えば、監視カメラとAIを活用した不良品監視・選別では、毎日数十テラバイトのデータを扱う必要がある。その中でスマート工場化を目指すには、大量のデータをどう扱い成果につなげるかが課題となる。そこで注目を集めているのが、データの発生源や活用の場に近いところで情報処理を行う「エッジコンピューティング」だ。

 しかし、エッジコンピューティング環境の構築には適切な技術の選択や実装、IT機器には劣悪ともいえる現場での耐性、セキュリティ保護などの課題もある。本資料では、エッジコンピューティングを支えるサーバ基盤構築・選定に関するヒントを提示。エッジコンピューティング用途のサーバに求められる具体的な5つの要件やユースケースなどを解説している。スマート工場化を成功させたい担当者は必読の内容だ。