2020年08月31日 10時00分 公開
PR

テレワークの「VPNがつながらない」を防ぐIT基盤とセキュリティの“新常識”「ウィズコロナ」で従業員もクラウドになる?

新型コロナウイルス感染症の流行が、企業のIT基盤の変革を強く促している。新たな業務環境を支えるIT基盤とセキュリティに必要なのは、従来の「境界防御」からの脱却だ。どうすれば実現できるのか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって世界は大きく変わり、対面でのコミュニケーションを前提とした経済活動や仕事の在り方を変えざるを得ない状況になった。新たな業務環境を整備するために、Web会議などのデジタルコミュニケーションやテレワークを利用し始めた企業も少なくないだろう。

 そうした業務環境を支えるには、適切なIT基盤やセキュリティ対策が不可欠だ。ただし従来通りのネットワークの構造や運用体制のままではIT基盤の可用性を確保できるとは限らない。セキュリティ対策も変える必要がある。

 企業がこれから向き合うべきニューノーマル(新常識)、新型コロナウイルス感染症と共存する「ウィズコロナ」時代のIT基盤とセキュリティ対策は、どうあるべきなのだろうか。IT基盤とセキュリティの専門家の話を基に、現状の課題と解決の方向性を探る。


提供:株式会社ラック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部