2020年09月18日 10時00分 公開
PR

Zoomアプリを識別して接続を最適化、高品質なユーザー体験を提供するSD-WANVMware 提供ホワイトペーパー

テレワークが浸透し、クラウドを活用したコミュニケーションやコラボレーションツールは、生産性の向上に欠かせないものとなっている。その代表的存在ともいえる「Zoom」向けに接続を最適化するSD-WANソリューションの実力とは。

[ITmedia]

 多くの企業でテレワークの導入が加速する中、生産性向上に欠かせないツールとなったのが、クラウドベースのコミュニケーションプラットフォームだ。いまや医療や教育、行政などさまざまな分野で広く活用されるようになっている。

 しかし、そのパフォーマンスやユーザーの使用環境の品質は、ユーザーが使用するネットワークの効率に大きく左右される。そこで本資料では、多くの企業・団体が活用しているコミュニケーションプラットフォーム「Zoom」に焦点を当て、そのトラフィックに最適なパフォーマンスを提供するSD-WANソリューションを紹介する。

 同ソリューションは、ユーザーのネットワークから出る膨大なワークロードからZoomアプリケーションをそれぞれ識別。一般のインターネットトラフィックから分離し、Zoom向けに接続を最適化することで、高品質のユーザー体験を継続的に提供する。本資料でその特長や導入効果をさらに詳しく紹介する。