2020年09月08日 10時00分 公開
PR

株式上場を控えたあるスタートアップは従業員任せだったIT管理をどう変えたか一人情シスでもここまでできる

あるスタートアップは、業務で利用するPCの半数が個人所有のもので、業務データが誰の端末にどのように保管されているかも分からない状態だった。株式上場も視野に入る中、この状況を変えるために行動に出た。

[TechTargetジャパン]

 事業の成長とともに人員が増加すると、扱うクライアントPCの台数も増えて管理が煩雑になる。加えて、さまざまなクラウドサービスを組み合わせて業務を進めるスタイルが主流となりつつある現在、サービスのアカウント管理も必要だ。

 あるスタートアップは、事業が急成長しIPOが視野に入っていた。ビジネスが拡大して従業員も増えていく中で問題となっていたのが、業務端末の管理だ。IPOが視野に入ると、当然セキュリティやコンプライアンスの確保も表裏一体で考えなければならない。IT部門はいわゆる“一人情シス”の状態で、全ての管理が1人の管理者に委ねられていた。しかも、業務で利用する多くのクライアントPCが個人所有のもの。誰のPCにどのようなデータが保存されているかも分からない状態だった。

 この状況をどうにか変える手段はないものかと考えあぐねた結果、ある解決策を見つけた。


提供:株式会社ウィザース、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部