2020年09月30日 10時00分 公開
PR

「攻め」につながる、HCIを活用したデータマネジメントとは「当たり前化」ではなく「発展の途上」

ユーザー、ITリセラー双方にとってHCIは珍しい存在ではなくなったが、データマネジメントの観点で考えると全く異なる姿が見えてくる。本稿ではNutanix×Veeamの先進性、優位性を説明し、それらを詳細に記したホワイトペーパーも案内する。

[TechTargetジャパン]

 HCI(Hyper-Converged Infrastructure)製品が市場にあふれている。では、ITリセラーやユーザーがこれを採用しさえすれば、ばら色の世界が待っているのか。

 HCIは、これまで面倒だったユーザーにおけるサーバやストレージの機種選定や検証、構成を簡単にしてくれる。サーバやストレージをひとまとまりの箱にすることで物理的な管理の負荷が軽くなり、ITインフラの統合管理ができるようになる……はずだ。だが、ここで「HCIを採用すれば、本当にITインフラの管理を統合できるのか」「ITインフラの管理を統合するだけでうれしいのか」という2つの疑問が浮かぶ。

 ユーザー企業にとって重要なのはアプリケーションであり、データだ。しかもこれらは現実問題として、個々のHCIだけに存在するわけではない。既存のサーバ仮想化製品にも物理サーバにも存在する。最近ではパブリッククラウドへの移行も進んでいる。

 現在の企業ITにおける大きな課題は「IT運用管理といった後ろ向きになりがちな活動を、いかに攻めの活動へと転換できるか」にある。HCIはそれ自体を閉じたものとして使うだけではなく、アプリケーションやデータの管理を変えるためのツールとして活用できる。その意味で、今後重要なテーマとなるのは複雑ではない、攻めにつながる新しいデータマネジメントだ。

 では、HCIを出発点としてどのようなデータマネジメントができるのか。HCIに詳しいベンダー/ディストリビューターの3社が実施した検証結果を基に具体例を紹介する。この検証結果の詳細はホワイトペーパーでも確認できる。ガイドとして実際の設計、構築の際に役立つはずなのでそちらも注目だ。


提供:SB C&S株式会社、Veeam Software Japan株式会社、Nutanix Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部