2020年09月28日 10時00分 公開
PR

ミッションクリティカルシステムの「攻めと守り」、両立させる技術とは?クラウドネイティブ技術との融合が可能に

デジタル化の流れが加速する中、既存アプリやインフラをどう最新の状況に対応させるかが課題になっている。特に注目されるのが10年以上使うこともあるミッションクリティカルシステム。その中で、課題を解決する有力な方法が登場した。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を受けてデジタル化の流れが加速している。ITを前提にしたビジネス展開は当然のことと認識されるようになり、従来のような紙やはんこといったアナログでの業務がいかにビジネスを妨げてきたかが再認識されるようになった。今後は、社内外のあらゆるビジネスはITを介した形へとシフトしていくことは間違いないだろう。

 では、そうしたビジネスとITが一体化した時代においては、アプリケーションやITインフラには、どのような要件が求められるようになるのか。あるエキスパートは、「攻めと守りの両面からのIT変革が不可欠になってきている」と説く。その具体的な実現方法を説明しよう。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部