2020年10月12日 10時00分 公開
PR

一般企業のためのクラウドネイティブ入門、DX実践の必須手法をより簡単にコンテナ化、マイクロサービス化もツールで

既存システムを放置していると、数年後には企業の競争力が失われてしまう。クラウドネイティブ開発を採用して、既存システムを刷新するのは良い選択肢だが、社内で実現できるだろうか。不足する人員をどのように補えばよいのだろうか。

[ITmedia]

 業務効率の向上だけではなく、ITを使って既存のビジネスを変革し、次の成長につなげる「デジタルトランスフォーメーション」(以下、DX)がさまざまな企業で注目されている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が残る状況においても、DXへの投資は増え続けているという。

 DXを成功させるためには新しいアプリケーションやサービスの開発が不可欠だ。しかも、スピーディーで、変化に対して柔軟なアーキテクチャで開発する必要がある。重要なのは新しい開発手法だ。本稿では今後のDXへの取り組みで必須となる「クラウドネイティブ開発」の実践法をお伝えする。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部