2020年10月12日 10時00分 公開
PR

基幹システムもクラウドネイティブ開発で刷新、その手法と技術を解説コンテナ化、マイクロサービス化もツールで

既存の基幹システムを活用してビジネスを進めている企業でもデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを進めるにはどうすればいいのか。そのヒントはクラウドネイティブ開発にあった。DX実践のための手法と技術を紹介しよう。

[ITmedia]

 業務効率の向上だけではなく、ITを使って既存のビジネスを変革し、次の成長につなげる「デジタルトランスフォーメーション」(以下、DX)がさまざまな企業で注目されている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が残る状況においても、DXへの投資は増え続けているという。

 DXを成功させるためには新しいアプリケーションやサービスの開発が不可欠だ。しかも、スピーディーで、変化に対して柔軟なアーキテクチャで開発する必要がある。重要なのは新しい開発手法だ。本稿では今後のDXへの取り組みで必須となる「クラウドネイティブ開発」の実践法をお伝えする。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部