2020年10月08日 10時00分 公開
PR

HCIも“クラウドライク”に、新たな消費モデルが企業にもたらすインパクトとはIT活用をもっと手軽に、柔軟に

クラウド全盛の今、さまざまなシステムやインフラが「as a Service」化され、手軽に利用できる時代となった。一方で、HCIなど今もなおオンプレミスでの運用を余儀なくされるものもある。

[TechTargetジャパン]

 クラウドファーストという言葉が当たり前に使われるようになって久しい。IT資産を持たずに、オンデマンドで利用できるというクラウドならではの利点や、コストメリットなどにIT担当者や経営者は魅力を感じるのだろう。

 このようにクラウドの潮流が高まりを見せる中で、現在もオンプレミスでの運用を前提とした製品がある。その一つがHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)だ。高い性能と拡張性、柔軟な運用性を持ちクラウド技術との親和性を備えているが、価格は決して安いものではない。コストをかけてハードウェアを購入しても、いずれは買い替えなければならない。HCIはクラウドのように手軽な利用が難しいところが弱点だ。

 HCIをもっと柔軟かつ手軽に利用できる方法はないのだろうか。本稿では、クラウド時代におけるHCIの“クラウドライクな利用法”を解説する。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部