2020年10月12日 10時00分 公開
PR

働き方のニューノーマルに向けて、IT部門が今検討すべきこととはその場しのぎの対策に終止符を

COVID-19の終息が見通せない中で、新たな働き方を実現する企業が広まっている。そこで求められるIT環境は従来と何が違うのか。

[TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、企業はさまざまな対応を迫られてきた。緊急事態宣言を機に急きょテレワークをスタートした企業も珍しくない。感染の終息の見通しが立ったとしても、以前と同じ働き方ではなく「ニューノーマル」を模索していくことになりそうだ。

 新たな働き方を実現するとなれば、企業のIT環境に求められるものも大きく変わる。社内に集まって仕事を進めるのではなく、自宅など社外で働くことが当たり前になる場合、ネットワークやセキュリティも従来通りでは限界が見えてくる。

 だが、検討すべきことが多岐にわたるにもかかわらず、目先の課題解決に終始し、先を見据えた検討ができていないケースも少なくない。新しい働き方を実現するために、IT部門が検討すべきことを整理する。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部