2020年10月20日 10時00分 公開
PR

「AI」でアラート処理の効率向上と属人化解消を実現した大塚商会 その効果は?全国4万台の顧客サーバーのサポート品質を向上

日本全国の企業にサーバーとその監視サービスを提供する株式会社大塚商会は、それらのサーバーから届くアラート処理にかかる手間の削減に苦心していた。解決策として目を付けたのがAI技術だ。導入の背景や効果を担当者に聞いた。

[ITmedia]

 システム運用管理の効率化は喫緊の課題だ。人手に頼った非効率的な作業の効率化や自動化の必要性が長らく叫ばれてきたにもかかわらず、なかなか進んでいない。そのような中、企業ではベテランの技術者が定年退職し、業務のノウハウが失われるという事態が起こっている。日本企業がこうした状況から抜け出してデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、これまでレガシーシステムの運用管理に投入してきたリソースをDX推進施策に積極的に割り振っていかなければならない。

 そこで現在脚光を浴びているのが、AI(人工知能)技術を使ったシステム運用管理の自動化・省力化だ。この分野におけるAI技術の活用はまだ始まったばかりだが、大きな成果をあげた事例も出てきている。本稿はその中から、AI技術を使ってシステム監視作業の効率化に成功した株式会社大塚商会の事例を紹介する。


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部