2020年10月19日 10時00分 公開
PR

パッケージでもスクラッチでもない、購買・調達管理システムの第3の選択肢とは購買業務の“わがまま”をこれで実現

ノウハウの蓄積によって組み上げられた購買・調達管理の業務プロセスをシステム化するのは容易ではない。単一のパッケージでは独自のフローに合わず、「やはり自社開発しか方法はないのか」と苦悩する企業もある。

[TechTargetジャパン]

 経営の基幹を担う購買・調達の業務プロセスには企業独自のノウハウが蓄積されており、それだけにシステム対応に悩むところだ。一般的にはパッケージシステムを導入するか、スクラッチで自社の業務プロセスに合ったシステムを一から組み上げるかのどちらかを選ぶことになる。

 パッケージシステムの場合、仕様の全てが自社の業務プロセスにマッチしているとは限らない。業務プロセスをシステムに合わせるか、もしくはカスタマイズをして最適化を図るしかない。それを見越してスクラッチで開発する場合は相応のイニシャルコストを覚悟しなければならない。加えてメンテナンスの負荷も高く、担当した開発者が現場を離れればブラックボックス化する可能性もある。

 「パッケージは現場にフィットしない」「スクラッチ開発は開発費用が高くつく」。こうした購買・調達システムにおける悩みを解消するのが、パッケージでもスクラッチ開発でもない“エコシステム型「購買・調達管理ソリューション」”だ。本稿ではその詳細を解説する。


提供:株式会社クレオ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部