2020年10月22日 10時00分 公開
PR

5年後の情シスの仕事を変える 企業ネットワーク構成のあるべき姿とは急ごしらえで整えた仕組みの最適化を始めるときが来た

COVID-19や働き方改革をきっかけに、企業情報システムにおけるネットワーク管理の在り方が変わりつつある。現在の変化に対応するだけでなく、将来にわたって柔軟で強いネットワークを構築するには、どんな技術を取り込めばよいだろうか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応をきっかけに、各企業はネットワーク環境の抜本的な見直しを求められている。テレワークへの急な移行に伴って実施した対症療法的な措置でできることは限られ、将来的には強いガバナンスを利かせながら利便性の高いIT基盤を提供する必要がある。しかし一度の更新で全てを刷新するような改革は、現実的には難しい。

 そこで検討したいのが、将来の「あるべき姿」と現在のギャップを認識した上で効果の高い課題解決策を優先して実施し、段階的に理想の環境に近づけていく手法だ。理想の環境を確認する方法や、段階的な導入のステップを取材した。


提供:兼松エレクトロニクス株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部