2020年11月12日 10時00分 公開
PR

コスト削減とセキュリティの強化を実現、住友生命が採用したマネージドWAFとは検知、対応を含めセキュリティ対策を迅速化

ITを活用してお客さまに安心や満足できるサービスを提供するため、デジタル化を加速させている住友生命。同社は、IT運用とセキュリティを強化しながら、運用管理の負荷やコストの大幅削減に成功した。そのポイントはどこにあるのだろうか。

[ITmedia]

 デジタル化の取り組みでは、クラウドをはじめとする新しい技術の活用やセキュリティの強化が重要になる。特に、お客さまとの接点であるWebサイトやWebアプリケーションでは「安心」「安全」なサービスを提供するために万全のセキュリティ対策が求められる。

 また、新しい技術を導入したり、セキュリティを強化したりする際には、導入や運用管理のコストや負荷も考慮しなければならない。新たなIT基盤やセキュリティ製品を導入したにもかかわらず、これまでよりもコストがかかったり、運用管理負荷が増えたりしてしまっては本末転倒だ。余計なコストや負荷がかかることで、サービス品質の低下につながる恐れもある。

 そんな中、住友生命保険(以下、住友生命)は、デジタル化の取り組みを加速させるためにマネージドWAF(Webアプリケーションファイアウォール)サービスを導入し、既存IT基盤の運用体制やセキュリティを見直すことで、ランニングコストの削減とセキュリティの強化を実現した。住友生命と同社のIT運用を担うスミセイ情報システムに、コスト削減とセキュリティ強化を実現できたポイントを聞いた。

※本稿は、@ITからの転載記事です。


提供:株式会社インターネットイニシアティブ、F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部