2020年11月12日 10時00分 公開
PR

住友生命が挑んだセキュリティの「三重苦」、WAF導入の経緯を聞いた攻撃高度化に加えて、運用負荷、コストも課題

デジタル化を加速させている住友生命にとっての課題は、高度化しているサイバー攻撃への対応だった。セキュリティ対策に関する運用負荷やコスト増も同社に重くのしかかっていた。その中で同社はWAF導入を決断。経緯を聞いた。

[ITmedia]

 デジタル化の取り組みでは、クラウドをはじめとする新しい技術の活用やセキュリティの強化が重要になる。特に、お客さまとの接点であるWebサイトやWebアプリケーションでは「安心」「安全」なサービスを提供するために万全のセキュリティ対策が求められる。それに伴い、セキュリティ対策に関する運用負荷やコスト増も課題となり、企業に重くのしかかっているのが現状だ。

 住友生命保険(以下、住友生命)も同様の課題を抱えていた。だが、同社は、デジタル化の取り組みを加速させるためにマネージドWAF(Webアプリケーションファイアウォール)サービスを導入し、既存IT基盤の運用体制やセキュリティを見直すことで、ランニングコストの削減とセキュリティの強化を実現した。住友生命と同社のIT運用を担うスミセイ情報システムに、コスト削減とセキュリティ強化を実現できたポイントを聞いた。

※本稿は、@ITからの転載記事です。


提供:株式会社インターネットイニシアティブ、F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部