2020年10月27日 10時00分 公開
PR

拝見、隣の“すご腕”データ活用――先進企業はどうしているのかを語り合った機敏で使いやすくコスト効率の良いプラットフォームとは

データをビジネスに活用する機運が高まっているが、データ分析の実現にはさまざまな課題と向き合う必要がある。これらを解決し、データの活用を推進するためには何から始めればいいのだろうか。複数の観点から語り合った。

[TechTargetジャパン]

 企業に蓄積されたデータを分析してビジネスや経営戦略に生かそうとするニーズは年々高まる一方だ。背景にあるのが、並列分散処理や機械学習(深層学習など)をはじめとする先端テクノロジーの急速な発展と、分析手法やプロセスの成熟だ。2018年に入るとコンテナによるデータ分析基盤構築が注目されるなど、データ分析の取り組みは新しい局面に入りつつある。

 企業におけるデータ分析・活用の取り組みをさらに加速するためには、どのような課題と向き合っていけばいいのか。日本のデータ分析市場をソフトウェア、ミドルウェア、ハードウェア、サービスの観点から支え、従来のビッグデータプラットフォームの課題を解決する「CDP Private Cloud」を共同で展開する3社が熱く語り合った。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部