2020年11月02日 10時00分 公開
PR

100分の1秒が勝敗を分けるF1レースで、勝利を支えるインフラストラクチャとは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

英国を拠点に、高性能なレーシングカーを設計・製造するアストンマーティン・レッドブル・レーシング。100分の1秒が勝敗を分けるというF1レースで勝ち続けるために、同社が選んだインフラストラクチャの実力に迫る。

[ITmedia]

 100分の1秒が勝敗を分けるF1レース。レーシングカーはドライバーが運転するマシンであると同時にテクノロジープラットフォームでもあり、レース中に400GBものデータを生成する。レース中に勝負に出るタイミングなどの重要な決断は、このデータをリアルタイムに監視し、超高速に分析することで下される。

 レーシングカーを設計・製造するアストンマーティン・レッドブル・レーシングでは、このデータ処理を従来型の仮想化サーバと共有ネットワークストレージを組み合わせて行ってきたが、50TBまで増大したデータを処理する中で、コスト増とパフォーマンスの遅延が課題となっていた。そこで迅速なIT環境を構築するために採用したのが、本資料で紹介するハイパーコンバージドインフラストラクチャだ。

 導入効果として特に注目したいのはエッジでのパフォーマンス向上で、例えばレース当日に車のデータをオフロードしてポスト処理する時間が78%削減されたという。本資料ではこの事例を基に、同ソリューションの実力を紹介する。