2020年11月06日 10時00分 公開
PR

徹底検証、HCIのシンプルさとCIの柔軟性を併せ持つプラットフォームの実力とは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

ビジネスにスピードが求められる現在、アプリケーションや仮想マシンを本番環境に迅速に追加するには、高度なアジリティと柔軟性が求められる。そのためCIやHCIの人気が高まっているが、それぞれに課題も指摘される。

[ITmedia]

 コンピューティング、ストレージ機器、ネットワークがサイロ化した状況では、アプリケーションや仮想マシンを本番環境に追加するのに必要なアジリティや柔軟性を得ることが難しい。そのため、近年はハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)やコンバージドインフラストラクチャ(CI)に注目が集まっている。

 ある調査では、多くの組織がHCIのメリットとして管理のシンプルさや展開の迅速性、拡張性を挙げた一方、問題の原因特定やデータ保管場所のパフォーマンスなどが課題と回答。CIを選んだ組織では、信頼性やパフォーマンスを向上できるという回答もあったものの、トレーニングの増加やサポートが課題として挙がった。

 そのため、今後はビジネスクリティカルなワークロードをサポートする上で、HCIとCIの特長を併せ持つVMware Datacenter向けのエンドツーエンドのソリューションの重要性が高まっていくだろう。そこで注目されるのが、HCIのシンプルさとCIの柔軟性を兼ね備えた新たなプラットフォームだ。本資料ではその技術検証の結果を紹介しているので、参考にしてほしい。