2020年11月06日 10時00分 公開
PR

優れた耐障害性と俊敏性を兼備、自己管理型インテリジェントストレージの実力日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

多くの企業のIT部門はインフラ管理やトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションに対応できない状況だ。そこで注目したいのが、高い耐障害性とクラウドのアジリティを兼ね備えたストレージプラットフォームだ。

[ITmedia]

 多くの企業のIT部門はインフラのプロビジョニングやトラブル対応に時間を割かれ、ミッションクリティカルなアプリケーションのニーズに対応できない状況だ。企業がイノベーションを推進し競争力を高めるには、ビジネスに必要なワークロードをサポートするストレージプラットフォームの存在が重要なポイントとなる。

 ミッションクリティカルなアプリケーションを実現するには、自己管理・障害予測による高い耐障害性とクラウドの俊敏性を兼備したストレージで、IT部門の負荷を軽減させることが重要だ。そこで注目したいのが、クラウドベースの機械学習でトラブルを予測回避し、パフォーマンス最適化とワークロードプランニング自動化をリアルタイムで行う新世代のエンタープライズストレージだ。

 アプリケーションを簡素化して耐障害性を向上させてアップデートのリスクも軽減する独自OS、低レイテンシを維持しチューニング不要なアーキテクチャ、運用中断のない100%の可用性保証や統合型データ保護機能など、10の主な特長が紹介されている。本資料で、ビジネスをインテリジェントにサポートする同製品の実力を確認してもらいたい。