2021年08月02日 10時00分 公開
PR

仮想化環境を極限まで簡素化、データ量も最大21分の1に削減する最新HCIの魅力日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

日々さまざまな問題の対応に追われる仮想化環境の管理者にとって、その簡素化は重要なテーマだ。そこで、コンバージドインフラの柔軟性とHCIのシンプルさを統合し、よりフレキシブルなアーキテクチャを実現した最新HCIに注目したい。

[ITmedia]

 ミッションクリティカルなシステムの構築やテレワークへの対応など、仮想化環境はビジネスの多様なニーズに欠かせない存在だ。その基盤として採用の多いHCI(ハイパーコンバージドインフラ)は、処理の高速性や障害の予測的な防止、リソース効率の向上など多数の要件が求められる。

 中でも最新鋭のソリューションにはどのような特長が備わっているのか。注目すべき1つは、インテリジェントなシンプル化だ。サーバとストレージの自動化によりラックマウントから15分で使用開始でき、仮想マシン主導のデータサービスとリソース管理機能を備え、予測に基づく問題の防止を実現するほどに進化している。

 卓越した耐障害性にも注目したい。99.9999%のデータ可用性をはじめ、単一障害点の排除、アプリケーションレベルの暗号化やセキュアなデータシュレッディング、組み込みのデータ保護機能などにより、システムやデータの安全性を高められるという。本資料では、これら最新HCIで注目したい5つのポイントと、その性能を備えたソリューションを紹介する。

Brought to you by HPE and Intel®