2021年08月02日 10時00分 公開
PR

インスタントリカバリーを数分で、仮想化環境に特化した包括的データ保護術とは日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

システム障害の影響は認識するものの、有効なデータ保護戦略を導入していない企業はいまだ多く、早急な改善が必要となる。そこで注目したいのが、オールフラッシュとバックアップソフトの組み合わせで実現する、包括的なデータ保護戦略だ。

[ITmedia]

 ある調査によると、多くの企業が、優先度の高いアプリケーションでダウンタイムが発生した場合に、1時間以内のフェイルオーバー実行を必要としているという結果が出た。しかし、システム障害の影響が広く認識される一方、77%もの企業で有効なデータ保護戦略が導入されていないという。事業継続性を強化すべく仮想化に着手する企業が増える中、データの保護とリカバリーに関するこうした現状は、早急に改善すべきだ。

 そこで注目したいのが、オールフラッシュストレージのスナップショットとバックアップソフトウェアの組み合わせで実現する、包括的なデータ保護戦略だ。インスタントリカバリーを数分以内に実行することでダウンタイムを削減可能な他、目標復旧時点(RPO)と目標復旧時間(RTO)の大幅な改善も期待できる。

 他にも、従量制課金の採用によるコストの抑制、運用複雑化の解消など、そのメリットは枚挙にいとまがない。本資料では、仮想化環境に特化した同データ保護ソリューションの特長を端的にまとめているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

Brought to you by HPE and Intel®