2020年11月06日 10時00分 公開
PR

テレワーク中も従業員端末とクラウドサービスのセキュリティを守るには「従業員任せ」のテレワークセキュリティ対策は危険

テレワークを実施する企業では、従業員がオフィスの外でさまざまなデバイスやクラウドサービスを使って業務に当たることが当たり前になりつつある。IT部門がユーザーの働き方を強制せずに、セキュリティも確保する方法とは。

[ITmedia]

 テレワークの普及でノートPCやスマートフォンなど、社用デバイスの多様化とクラウド活用が進みつつある。場所を問わず業務アプリケーションや社内リソースにアクセスできることは、エンドユーザーに当たる従業員にとって重要なことだ。同時に、テレワークに使用する端末のセキュリティ対策をエンドユーザーに任せると、IT部門が期待する水準に達しないことも少なくない。

 特にID/パスワード認証は、エンドユーザーにとってもIT部門にとっても大きな課題だ。多数のクラウドサービスや業務アプリケーションを使いこなさなければならない場合、それぞれ異なるIDとパスワードで運用するのは大変だ。パスワードの使い回しや安直な設定に逃げる人も少なくない。流出したパスワード情報から芋づる式に複数サービスに不正アクセスされ、情報が盗まれる事件も発生している。

 IT部門としては何らかの対策をしたいが、極端な締め付けはエンドユーザーの業務効率や生産性を低下させる可能性がある。エンドユーザーとIT部門、生産性とセキュリティの対立構造は今に始まったことではなく、どの企業にとっても悩ましい課題だ。この対立に終止符を打つ方法とは。


提供:ヴイエムウェア株式会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部