2020年12月04日 10時00分 公開
PR

AIOpsによるIT運用の高度化、ビジネス機会損失を防ぐ新たな一手AIのパワーでIT運用を変える

DX時代においてはITシステムの停止がビジネスの機会損失に直結する。障害対応の観点からは事前に対処可能であればそれがベストだ。だがどうしても事後対応になってしまう。こうしたITシステム運用に関する課題をどう解決すればよいのか。

[ITmedia]

 レガシーシステムの早期のモダナイゼーションに取り組む企業では、デジタルトランスフォーメーション(DX)実現のための基盤整備は進んだものの、データセンター内やマルチクラウド環境におけるITシステム管理が分散している場合が少なくない。システム全体の運用の状況やパフォーマンス情報を把握できないことが課題だ。ITシステム運用が複雑になり、複数のツールを使って複数のプロセスを管理するためのスキルも必要になったため、運用コストが増えている。

 障害対応の観点では事前に対処できればそれがベストだ。だが、どうしても事後対応になってしまう。障害発生時の問題特定と解決に時間がかかってしまうのは大きなリスクだ。問題の検知や対処のために、膨大なデータや知識ベースを活用する必要がある。今後はより高いレベルの認知的洞察を活用しなければ対応がさらに受け身になってしまう。

 DX時代におけるITシステム運用の課題は、既に人手で解決できるレベルを超えている。そこで注目を浴びているのがAI(人工知能)をIT運用に活用する「AIOps」(AI for IT Operations)だ。これまでの運用と何が変わるのだろうか。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部