2021年01月13日 10時00分 公開
PR

ハイブリッドクラウド環境でのデータ活用を促進、AI主導のプラットフォームとは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

企業の競争力強化や利益拡大に欠かせないデータ活用。データがあらゆる場所に分散する複雑なハイブリッドクラウド環境では、データ本来のメリットを引き出すのが困難だ。その解決策として、ストレージシステムの見直しを検討したい。

[ITmedia]

 競争力強化や利益拡大、イノベーション促進に向けて、データ活用は企業にとって必要不可欠だ。しかし、データ本来のメリットを引き出すためには適切な環境とタイミングの見極めが重要であり、データが急増しあらゆる場所に分散する今、特にハイブリッドクラウド環境においてはその実現が難しくなっている。

 そこで検討したいのが、ストレージシステムの見直しだ。AI主導でクラウドに対応し、データの保存だけでなく、管理や提供、分析を行うプラットフォームを採用することで、複雑な環境を簡素化することが可能だ。例えば、高度な分析と機械学習によって、データ配置を適切なタイミングで最適化できる。また、正常な稼働状態を学習することで問題を特定し、サービスに影響が生じる前にその多くを自動で解決することも可能だ。

 さらに柔軟な従量制消費モデルを活用することで、運用コストを削減できる点も魅力だ。本資料では、同プラットフォームの多様な機能の詳細や、データ活用においてIT部門が解決すべき課題について紹介している。ハイブリッドクラウド環境を利用している企業は、ビジネス機会の損失を回避するためにも、ぜひ参考にしてほしい。

Brought to you by HPE and Intel®