2021年04月28日 10時00分 公開
PR

インテリジェンスでデータ管理の課題を克服、実現策となる次世代ストレージとは日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

顧客関係や運用効率、競争力向上の推進力となるデータ。ただ、その実現にはハイブリッドクラウドのような複雑な環境でも、適切な場所とタイミングでデータを活用できるような管理・運用方法が前提となる。その実現策を考えてみよう。

[ITmedia]

 データはオンプレミスのプライベートクラウド、パブリッククラウド、従来型データセンター、さらにエッジという多様な環境のあらゆる場所で作成・保存・利用される。一方で各種システムは柔軟性のない組織構造によってサイロ化されており、現代のデータ活用ニーズに対応しきれていない。

 このギャップを埋めるものとして期待されるのがインテリジェンスだ。インフラから得られる多数の情報とAI機能を活用できれば、適材適所のデータ配置を実現でき、運用コストの削減やサービスデリバリーの迅速化などのメリットを享受できるようになる。この変革のために見直したいのが従来型のストレージシステムだ。

 本資料では、インテリジェンスを活用するために求められるストレージシステムの要件を解説するとともに、このニーズにかなうデータ管理プラットフォームを紹介する。その導入によってストレージ運用コストの大幅な削減、プロアクティブな対応によるビジネスリスクの軽減、クラウド間のデータ移動の効率化など多岐にわたるメリットを実現できるという。

Brought to you by HPE and Intel®