2021年01月13日 10時00分 公開
PR

最適な従量制IT環境ベンダーを見極めるために、必ず尋ねるべき5つの質問とは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

多くの組織が「as a Service」のITモデルに移行しつつあるが、移行には大きなリスクを伴うため、IT環境ベンダーは慎重に選ばなければならない。自社に最適なベンダーかどうかを見極めるためには、必ず尋ねるべき5つの質問がある。

[ITmedia]

 あらゆる組織において、オンプレミスやエッジ、クラウドを問わず、「as a Service」のITモデルへの移行が加速している。その背景には、IT運用に関する作業をオフロードできることや優れたスケーラビリティに加え、従量制課金モデルの場合には使用分のみに対する支払いとなるため、運用やコストの負担を軽減できることがある。

 しかし、従量制であればどのサービスを選んでも同じというわけではなく、IT環境ベンダーの選択を間違うとビジネスに大きな影響を及ぼす可能性がある。最適なベンダーを見極めるにはいくつかのポイントに注目する必要があるが、その1つにベンダーの経験期間がある。

 そのベンダーが信頼できるアーキテクチャや専門知識を備え、高度な測定や監視を行うことができるかどうかは、サービスの迅速な市場投入やリスク軽減を考える上で重要となる。本資料ではこのように、自社に最適な従量制のIT環境ベンダー見極めるために尋ねるべき5つの質問を紹介する。

Brought to you by HPE and Intel®