2021年08月02日 10時00分 公開
PR

調査で見えたIT部門の現状、リソース/知識不足でもデジタル時代を勝ち抜くには日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

デジタル時代の競争を勝ち抜くには、クラウドの活用だけでなく、オンプレミスの変革も必要だ。しかし、大多数の組織はリソースや専門知識が限られており、データセンターをモダン化できずにいる。この課題をどう解消すべきか。

[ITmedia]

 デジタル時代の競争を勝ち抜くため、多くの企業はクラウドネイティブな新しいアプリケーションをパブリッククラウドで展開することに注力している。一方で、既存のアプリケーションはレガシーなオンプレミス環境で維持されており、二層構造のアプローチになりがちだ。だが、DXには全てのデジタル資産が重要であり、オンプレミスの変革も欠かせない。

 データセンターをモダナイゼーションするには、アプリケーションパフォーマンスや展開、コスト効率を高める次世代インフラ、動的なアプリケーションの開発や展開をサポートするインテリジェントプラットフォーム、速度と一貫性を確保する自動化・標準化機能の一部ないし全てに取り組む必要がある。

 ただ、大多数の組織はリソースや専門知識が限られており、ガバナンスや組織に関する問題も抱えている。IT部門がデータセンターを最適化し、運用を効率化するには、適切なデータセンターサービスプロバイダーの活用が望ましい。そこで本資料では、クラウドユーザー調査から見えたIT部門の現状を基に、オンプレミスを変革する指針を提示。悩めるITリーダーにヒントを提供する内容となっている。

Brought to you by HPE and Intel®