2021年03月08日 10時00分 公開
PR

製品開発のDXはクラウドから、SaaSプラットフォームに求めるべき「4つの要件」PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー

DX戦略は、製品開発分野でも推進する必要がある。多くの開発現場ではデータがサイロ化され、コラボレーションの課題となっている。製品開発のツールを、クラウドネイティブなアプリケーションに移行することが求められているのだ。

[ITmedia]

 製品開発分野でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるに当たっては、開発プロセスを合理化するためにクラウドネイティブアプリケーションの活用が重要になる。これはクラウド対応アプリケーションとは異なる点に注意が必要だ。後者は単にクラウドストレージ機能を備えただけで、データのサイロ化を解消するというDXの目的は果たせない。

 これに対して、クラウドネイティブアプリケーションでは、古いデータや同期のズレによる食い違いを起こすことなく情報の検索やデータの共有を可能にし、コラボレーションによる製品開発を自然と行えるようになる。このため、製品設計のコストが最小限で済む開発の初期段階のデータ変更がスムーズになり、ひいては開発サイクルの短縮や品質向上などの効果も期待できる。

 本資料では、その実現のためのSaaSプラットフォームの要件を紹介している。「スケーラビリティ」「セキュリティ」「収益性」「信頼性」の4つをどのように備えたインフラなら、製品開発のDXを実現できるのか。そのポイントを、詳しく見ていこう。