2021年04月19日 10時00分 公開
PR

SD-WAN運用の注意点、一貫したセキュリティを実現するための4つのポイントパロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

エンタープライズWANが拡大するのに伴い、トラフィック急増に伴う遅延やコスト増が課題となっている。これを解消するとみられるのが「SD-WAN」だが、その運用においてはセキュリティが軽視される傾向にあるという。

[ITmedia]

 昨今のエンタープライズWANは、国や都市をまたいで複数の支社やクラウドサービスに広がった。こうした中、拠点からのアクセスを本社もしくはデータセンター経由で行う従来型WANでは、帯域幅の制限による遅延やコスト増が避けられず、従業員の生産性やユーザー体験を損なうリスクをはらんでいる。

 この問題を解消するとして注目されているのが「SD-WAN」だ。SD-WANは、ネットワークの制御と管理のプロセスをハードウェアから切り離し、ソフトウェアとして利用できるようにしたもので、柔軟性や俊敏性の改善、コスト削減、接続性の向上などのメリットが期待できる。だが、SD-WANは従来型WANに比べインターネットとの直接接続が増えるため、サイバー攻撃を受けるリスクが高まることは見過ごされがちだ。

 本資料では、企業におけるSD-WANの採用状況やメリット、セキュリティの必要性について、調査結果を基に紹介している。あわせて、SD-WANを保護する方法として、「接続性とセキュリティの統合」「柔軟なソリューションの選択」「ミドルマイルの防御」「一貫したセキュリティの確保」といった4つのポイントを詳しく解説しているので、参考にしてほしい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。