2021年08月02日 10時00分 公開
PR

IDC調査レポートで見えた、現代の企業に最適な「ITインフラ」の形日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

企業を取り巻く環境が急速に変化し、デジタルトランスフォーメーションが加速する昨今。それに伴い、企業のITインフラへのニーズも変化し始めている。IDCの調査結果をもとに、現代の企業に最適なITインフラの形を明らかにする。

[ITmedia]

 企業を取り巻く環境の急速な変化は、市場競争におけるアジリティの強化を促している。この変化のスピードに対応するため、企業はデジタルトランスフォーメーションを加速させており、IT部門とビジネス部門の取り組み方は根底から変わり始めている。

 IDCの調査によると、53%の企業がワークロードをオンプレミスへ戻すことを検討しているという。また94%の企業は、プロバイダーの選定に当たって、従量制IT消費モデルであることを重要視している。いかにワークロードの配置を最適化し、迅速で安全なアクセスを実現するかが、企業にとって重要事項となっている。

 一方で、財務会計基準審議会(FASB)の規制変更は、企業のIT購入プロセスに大きな影響を及ぼしている。バンドルオファーへのニーズは高まり、ITインフラの有力候補としてプライベートクラウドが頭角を現すようになった。とはいえ、こうした変化は運用を複雑化させており、その解消が急務となっている。本資料では同調査の結果をもとに、現代の企業に最適なITインフラの形を明らかにする。

Brought to you by HPE and Intel®