2021年08月02日 10時00分 公開
PR

データセンターを収入源に変革、IT部門のアイデア活用を促進する次世代インフラ日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

アプリケーションの機能や管理次第で組織の利益が左右される今、IT部門にはビジネスのコア部分をサポートし、アイデアを利益にするという役割が求められている。そうした中で必要になる考え方と、それを実現するためのインフラ技術とは?

[ITmedia]

 多くの組織において、IT部門は長らくコストセンターと見なされてきた。ビジネス基盤としてのデータセンターは導入も拡張も高くつくため、IT部門の役割は最低限のサポート機能とメンテナンス機能に絞られることが多かった。しかし現在、この状況は様変わりしている。

 あらゆるビジネスの場面でアプリケーションが活用され、その機能や管理次第で組織の利益が左右されるようになっている。もはやIT部門はバックオフィスに押し込めておくものではなく、ビジネスのコア部分をサポートし、事業目標を達成するための原動力になりつつある。組織はIT部門のさらなる活用を実現し、競合他社よりいち早くアイデアを利益にする「アイデアエコノミー」へと転換しなければならないだろう。

 本コンテンツでは、このようなビジネスの現状を捉えたアイデアエコノミーという考え方と、これを実現するために必要なコンポーザブルインフラストラクチャについて解説している。この新しいインフラ技術により、企業のリソースは物理、仮想マシン、コンテナ、クラウドを問わずサポートされ、一段高く効率化できるようになる。IT部門の強化を考えている企業は、ぜひ参考にしてほしい。

Brought to you by HPE and Intel®