2022年06月23日 12時00分 公開
特集/連載

「CPU」と「GPU」は結局何が違うのか特選プレミアムコンテンツガイド

「CPU」ではなく「GPU」を使った方がよい用途とは何か。用途に合ったGPUを選ぶためのポイントとは。NVIDIAとAMDの主要製品の違いなど、GPU選定を成功させるための勘所を整理する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「GPU」(グラフィックス処理装置)はその名の通り、もともとは画像や映像の処理が主な用途だった。近年は用途が急速に広がっており、NVIDIAとAMD(Advanced Micro Devices)が主力ベンダーとして製品を提供している。

 用途だけを見ると、「CPU」(中央処理装置)とGPUの違いは曖昧になりつつある。ただし両者を生かすためには、それぞれの特徴を正しく理解することが大切だ。CPUとGPUの違いとは、結局何なのか。GPUに適した用途とは。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:GPUの用途と主要製品の違い

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...