「CPU」と「GPU」は結局何が違うのか特選プレミアムコンテンツガイド

「CPU」ではなく「GPU」を使った方がよい用途とは何か。用途に合ったGPUを選ぶためのポイントとは。NVIDIAとAMDの主要製品の違いなど、GPU選定を成功させるための勘所を整理する。

2022年06月23日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「GPU」(グラフィックス処理装置)はその名の通り、もともとは画像や映像の処理が主な用途だった。近年は用途が急速に広がっており、NVIDIAとAMD(Advanced Micro Devices)が主力ベンダーとして製品を提供している。

 用途だけを見ると、「CPU」(中央処理装置)とGPUの違いは曖昧になりつつある。ただし両者を生かすためには、それぞれの特徴を正しく理解することが大切だ。CPUとGPUの違いとは、結局何なのか。GPUに適した用途とは。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:GPUの用途と主要製品の違い

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...