2008年01月31日 21時10分 公開
PR

データレプリケーションソフトウェア「Double-Take for Linux」Windows版で証明済みのレプリケーションの信頼性をLinux環境にも

Windows向けレプリケーションソフトとして定評のある「Double-Take」。その機能、信頼性を引き継いだLinux版が登場する。今まで手ごろなツールが不在だっただけに、Linuxユーザーにとって朗報になりそうだ。

[提供:シーティーシー・エスピー株式会社]

 企業システムに浸透つつあるLinuxだが、信頼性が高くかつ汎用的で手ごろなデータ保護ツールがこれまで存在しなかった。そうしたLinuxの世界に理想的なレプリケーションソフトが登場した。ホストベースのWindows向け製品として定評のある「Double-Take」のLinux版がついにリリースされるのだ。Windows版で信頼性の高さは証明済み。ホストベースのため、アプリケーションやハードに依存せず、汎用的で手ごろなソリューションとなる。

 データ複製とフェイルオーバーに対応したDouble-Takeは、低コストでデータ保護とサーバの冗長化を実現できる。しかも、ホストベースながら高性能なため、ビジネス継続や災害対策を目的にWAN環境で使われることが多い。そのベネフィットがLinuxユーザーにももたらされる。

提供:シーティーシー・エスピー株式会社

提供:シーティーシー・エスピー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部