Loading
2008年02月28日 22時45分 UPDATE
PR

ITIL v3に対応したポートフォリオを展開する「HP Software」IT運用変革期の今、実践可能なロードマップを描けるITILソリューションとは

ITILは日本でも浸透してきているが、その実践で重要なことは全体を見ながら細部を積み重ねていくアプローチである。

[提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社]

 近年、企業が抱える情報システムは複雑化、高度化の一途をたどっている。そして、「ビジネス=IT」といわれるまでにITはビジネスと密接な関係になっており、ビジネス側からITへの期待・要求は高まっている。

 ビジネスを支える情報システムのテクノロジーは、その要求に応えるべくメインフレームからクライアント/サーバシステム、Webサービス、仮想化技術、SOAの採用などと進化してきた。しかし、企業におけるITの運用テクノロジーはどうだろう。最新のテクノロジーを利用した情報システムの運用が、過去の管理経験値をベースにした個人のスキルに大きく依存してはいないだろうか?

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本ヒューレット・パッカード株式会社」に収集される
  • 「日本ヒューレット・パッカード株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「日本ヒューレット・パッカード株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部