2008年03月14日 00時00分 UPDATE
PR

時代が求める統合システム運用管理「JP1」「JP1」が具現化していたITILの精神

ITILに目を向ける企業の多くが、どうITILと向き合うべきか、どのように実践すべきかで頭を悩ませている。ここでは、ITILの考え方を以前から具現化してきた日立製作所の統合システム運用管理「JP1」にスポットを当てる。

[提供:株式会社日立製作所]

 企業コンプライアンスに対する意識が向上するにつれて、ITILへの関心がますます高まっている。しかし、ITILという運用管理のベストプラクティスが提唱するシステム運用管理における考え方は、実は国内でも既に実践されてきたものだった。その担い手が、日立製作所の統合システム運用管理「JP1」である。

 ここでは、運用プロセスの統制を支援するサービスデスク製品を解説する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社日立製作所」に収集される
  • 「株式会社日立製作所」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「株式会社日立製作所」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部