Loading
2008年03月14日 00時00分 UPDATE
PR

ITILに沿った運用プロセスの統制を支援する「JP1/IM - SS」JP1で簡単導入できるITILサービスデスク

内部統制の強化を支える柱の1つとしてIT統制の重要性が広く認識されるとともに、ITILへの注目度が増している。ここでは、ITILに基づくシステム運用を支援し“攻めの内部統制”を実現する「JP1」にスポットを当てる。

[提供:株式会社日立製作所]

 ITILを実践する上で重要なのは、「People」「Process」「Product」の“3つのP”のバランスだといわれている。その中でProductは、運用プロセスを自動化・効率化する上で重要なカギとなる。

 国内のProductとして存在感を発揮しているのは、日立製作所が提供する統合システム運用管理「JP1」だ。ここでは、ITILのサービスサポートでいうところのサービスデスク機能を提供するフロントエンドツールである「JP1/Integrated Management - Service Support」が、どのように企業の運用管理業務をサポートするかを詳細に解説する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社日立製作所」に収集される
  • 「株式会社日立製作所」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「株式会社日立製作所」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社日立製作所

提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部