2008年03月17日 00時00分 公開
PR

包括機能を一元管理できる中央システムの導入をSOAにおけるサービスとしてのセキュリティ構築シナリオ

複雑化の一途をたどる企業情報システムの成長を考える上で生まれたSOA。その導入のピークを迎える前に、日本企業は米国の失敗に学ぶべきだ。

[提供:日本CA株式会社]

 米国ではSOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャ)の導入が普及段階に入ったという。複雑化の一途をたどる企業情報システムの今後の成長を考える中で出てきたシステムアーキテクチャだが、ここでは極めて戦略的にセキュリティの包括システムを用意する必要があるという。そうでなければセキュリティ上の脆弱な部分が残るだけではなく、システム構築の際に多大な非効率化や管理性の低下、コスト上昇を招きかねないという。

 一体、どういうことなのか。米CAでシニアプロダクトマーケティングマネージャを務めるマシュー・ガーディナー氏が、自身の経験とシステム構築先進国の失敗を基に語ってくれた。

提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部