2008年03月18日 00時00分 UPDATE
PR

メールコンプライアンス対策の決め手「Symantec Enterprise Vault 2007」「メールを取りあえず保存」のわなから抜け出すヒント

メールなどを企業活動の証跡として保存しておけば、内部統制を実施していることになる――そう思い込んではいないだろうか。真のコンプライアンス対応とは、保存した後のデータ活用を考え、実践することにある。

[提供:株式会社シマンテック]

 J-SOX法(日本版SOX法)の施行で注目を集めるソリューションの1つに、電子メールの保存がある。電子メールは社内外のコミュニケーションツールとして欠かせない存在であり、その内容は簡単な連絡事項から契約書のやりとりなど多岐にわたる。そのため、コンプライアンスに対応するには、電子メールの送受信の記録だけでなく、本文や添付ファイルを含めてすべて保存することが求められる。

 こうした背景から、電子メールをストレージなどに「取りあえず保存」する対策を導入する企業が増えており、メールコンプライアンスへの意識も高まりつつある。実際、監査や民事訴訟などではメールを証拠として提出することがあり、まずは保存することも重要な対策といえる。

 しかし、この「取りあえず保存」はコンプライアンスに対応することには直結しない。これは、あくまでも一時的な対策にすぎないのだ。しかも、真のコンプライアンス対策を進めていなければ、時間を追うごとに幾つもの「わな」に出くわすことになる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社シマンテック」に収集される
  • 「株式会社シマンテック」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「株式会社シマンテック」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社シマンテック

提供:株式会社シマンテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部