Loading
2008年04月01日 00時00分 UPDATE
PR

住商情報システムの都市型データセンター「netXDC」“専任のアカウントSE”が24時間対応する新型データセンターの実態

近ごろは、より高付加価値なデータセンターが求められる傾向にある。これはサービス提供側の差別化戦略の結果だが、そうした中で住商情報システムが選択したのは、専任のアカウントSEによる24時間対応だった。

[提供:住商情報システム株式会社]

 情報システムをデータセンターに預ける企業が増えてきた。理由は幾つかあるが、最も大きなものは社内に設置しておくより「安心・安全」だからである。それ故にデータセンターを選ぶ際は、そのレベルがより高い事業者を見極めたいところだ。

 実績豊富なシステムインテグレーターでもある住商情報システムが提供する都市型データセンター「netXDC」は、情報システムというものを熟知し、高いレベルでシステム監視&運用サービスが期待できるという点で注目に値する。専任のアカウントSEが付き、24時間対応してくれるオプションサービスも用意している。

 人気満床につき、東京第1センターを全面リニューアルしたという住商情報システムのnetXDC。その詳細を見てみることにしよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「住商情報システム株式会社」に収集される
  • 「住商情報システム株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「住商情報システム株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:住商情報システム株式会社

提供:住商情報システム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部