2008年08月28日 00時00分 公開
PR

リアルタイム侵入防御アプライアンス「McAfee Network Security Platform」PCI DSSは一般企業にも適用できるセキュリティ強化指針だ

クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSSには、一般企業でも適用しやすいシンプルで実践的なセキュリティ対策が列挙されている。これを活用すれば自社のセキュリティレベルを飛躍的に向上できそうだ。

[提供:マカフィー株式会社]

 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard:PCIデータセキュリティ基準)は、クレジットカード業界で策定されたグローバルスタンダードのセキュリティ基準だ。クレジットカードユーザーやその取引を対象とした情報保護が主眼となっていることから、現状ではクレジットカードの加盟店を中心に対応が始まっている段階だ。実はPCI DSSの規定をよく見ると、一般企業のセキュリティ対策としても有用な内容であり、これを参考にすることで企業のセキュリティレベルを向上させることが可能になる。

 マカフィーのリアルタイム侵入防御アプライアンス「McAfee Network Security Platform」は、企業がPCI DSSに対応する際に求められる要素の多くを機能として実装しており、PCI DSSを活用してセキュリティレベルを高めることを考える企業にとっては最適な選択となり得るものだ。

提供:マカフィー株式会社

提供:マカフィー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部