Loading
2008年09月01日 00時00分 UPDATE
PR

“漏れ”のないネットワークモニタリングを実現するTAPソリューショントラブル発生時、ネットワーク解析にかける時間は短縮できる!

ネットワークトラブルが起こったときに、解析に苦労していないだろうか。もっと楽に原因を発見するための方策を紹介する。

[提供:フルーク・ネットワークス]

 今や企業内を神経網のように行き渡っているネットワーク。その中に異常が発生していないこと、外部からの脅威などが侵入していないことを証明するのは、社会的に要望が高まっている内部統制強化の観点からも重要なことだ。

 ネットワーク状態を把握するために、各企業ではさまざまな対策を行っているだろう。トラブルが発生した際に、ハブやスイッチを使ってトラフィックデータを抜き出し、解析して原因を探るという方法を取っているところは多いのではないだろうか。しかし、このやり方は必ずしも最善策とはいえない。では、より効率的かつ正確にネットワークを分析するには? その有効な手段とは何だろうか。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「フルーク・ネットワークス」に収集される
  • 「フルーク・ネットワークス」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「フルーク・ネットワークス」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:フルーク・ネットワークス

提供:フルーク・ネットワークス
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部