Loading
2008年11月13日 00時00分 UPDATE
PR

リカバリ・マネジメントを具現化する「CA ARCserve」時間もコストも半分、仮想化にも対応済みバックアップ/リカバリ対策

事業継続のために何らかの対策を打つべきことは分かっているが余力がない、という企業は少なくない。だがもし、施策に当たって時間もコストも半分で済むならどうだろう?

[ITmedia]

 地震や自然災害など、いざというときのための対策として不可欠なのがバックアップ/リカバリだ。その重要性は言うまでもなく、既にハードウェア側からもソフトウェア側からもさまざまなストレージソリューションが登場している。

 ストレージハードウェアの機能向上は目覚ましく、最近ではストレージのレプリケーション機能を使ったバックアップシステムで従来のバックアップソフトウェアを代替できるという風潮もあるようだ。しかし、実際には両者はそれぞれ異なる特徴を備えており、単純に代替できるものでもない。果たして、どちらが自社に適当な対策となるのか? データ保護とリカバリ・マネジメントに取り組む日本CAが、選択ポイントを説く。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部