Loading
2008年11月13日 00時00分 UPDATE
PR

バックアップ体制を迅速に整える「ARCserve Backup r12」どう調整する? バックアップでのセキュリティとパフォーマンスのバランス

日本CAが提供するバックアップソフトウェア「ARCserve Backup r12」。地震や災害の際に迅速にシステムを復旧させることを目的として、新たな機能が次々と追加されている。

[ITmedia]

 日本CAでは、「リカバリマネジメント」を掲げ、ルーティンワークではなく、自己目的化した単なる作業としてのバックアップでもなく、いざというときにシステムを復旧させる手段としてのバックアップの重要性を強く訴えている。とはいえ、コンセプト自体に異論はなくとも、そのコンセプトを具現化し「リカバリのために役立つ」バックアップソフトウェアが存在しなくては机上の空論に終わってしまう。

 日本CAが提供する「ARCserve Backup r12」は、リカバリマネジメントというコンセプトを具体化するソフトウェアとして、豊富な機能を実装している。最新のアップデートとなるSP1ではサーバ仮想化を始めとする各種最新ソフトウェアへの対応が強化された。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部