2009年02月24日 00時00分 公開
PR

容量最適化ストレージ「Data Domain De-dupe Storage」非重複化技術がもたらすバックアップ/レプリケーション革命

年々肥大化するデータ、運用コスト削減の圧力、災害対策の要請……。今、システム管理者にとってデータバックアップ/レプリケーションの効率化は危急の課題だ。何かいい解決策はないのだろうか?

[ITmedia]

 企業におけるバックアップデータの容量は、ここ数年間で加速度的に肥大化している。従来はデータベースの構造化データがバックアップデータの中心であったが、今日では電子メール、画像データ、CADの設計・開発データ、Officeドキュメントなどといった非構造化データが大きな割合を占めるようになってきている。今後はさらに、内部統制のための法規制対応データや長期保存データ、さらにはディザスタリカバリ(災害対策)用の複製データも不可欠になってくると考えられている。

 このようにバックアップデータの肥大化が進むことで、特にテープライブラリ装置を使ってバックアップを行っている企業では、データ管理の複雑化や運用コストの増加、保管スペースの確保、リストアに要する工数の増大など、さまざまな課題に直面しており、その対応策に頭を悩ませているIT担当者も少なくないようだ。こうした状況の中、これらの課題を解決し、テープライブラリ装置に代わる最新のディスクバックアップシステムとして注目を集めているのが、丸紅情報システムズが販売する「Data Domain De-dupe Storage」(データドメイン デデュープストレージ)である。

提供:丸紅情報システムズ株式会社

提供:丸紅情報システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部