Loading
2009年04月09日 00時00分 UPDATE
PR

シンクライアント導入の課題と対策ブレードPC、仮想PCの課題を克服する6つのアイデア

ブレードPC、仮想PCによるPC統合など、シンクライアント化を実践する企業が徐々に現れてきた。スムーズな導入と使いやすいシステムを実現するために、課題と対策法を洗い出す。

[ITmedia]

 サーバやストレージの統合が進んだ現在、残るはクライアントPCの統合である。ブレードPC、仮想PCによるシンクライアントソリューションが実用の域に達してきた。先行して取り入れる企業も現れ始めている。

 しかし、現実的な課題も浮き彫りになってきている。ユーザーデータの移行をどのように効率化するか、どうすればスムーズな画面転送が実現するか、真のロケーションフリーはどうすれば成り立つか、セキュリティと利便性のバランスをどう取るか。

 これらの課題は工夫とツール活用で解決できる。また、ブレードPC型、仮想PC型のシンクライアントの最大の課題といわれる初期コストの高さも、柔軟に考えれば解決の糸口は見えてくる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「丸紅情報システムズ株式会社」に収集される
  • 「丸紅情報システムズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「丸紅情報システムズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:丸紅情報システムズ株式会社

提供:丸紅情報システムズ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部