Loading
2009年09月16日 00時00分 UPDATE
PR

ビジネスメリットに直結したシステム改善を不景気にこそ見極めたい、中堅・中小企業が「今すべきIT投資」とは?

ERPを導入済みの中堅・中小企業の多くはその効果に満足している。しかし、未導入企業はその投資対効果に懐疑的だ。この一見矛盾する調査結果が意味するものとは何か?

[ITmedia]

 中堅・中小企業におけるERP導入の潜在ニーズは高いといわれている。しかし、実際にはまだそれほど普及は進んでいないのが現状だ。そして景気がいまだ改善しない昨今、投資対効果が明確でなければ、経営層は絶対に首を縦に振らないだろう。

 そんな現状をノークリサーチ シニアアナリストの岩上由高氏は、「まずは簡単な見える化で自社の課題の本質に気付くことが、システムの投資対効果を明確にする1つの手段」と指摘する。

 同社の調査結果と岩上氏への取材を通して、中堅・中小企業が抱えるシステム課題と「今すべきIT投資」を探る。



提供:SAPジャパン株式会社

提供:SAPジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部