2010年02月17日 00時00分 UPDATE
PR

多様・柔軟なビジネス環境に応えるマイクロソフトのソリューションITが組織の「多様性」をビジネスの成長に変える

絶えず変化する経営環境において、ビジネスパーソンのワークスタイルや価値観は多様化している。ビジネスを成長させるのは、組織の適応のスピードや柔軟性。そこでITはどのような貢献ができるだろうか。

[ITmedia]

 企業経営を取り巻く環境は、絶えず変化を続けている。しかもその変化のスピードは、年々早さを増す一方だ。

 市場のニーズは次から次へと移り変わり、半年前まで機能していたビジネスモデルがもう通用しなくなったり、数カ月前まで売れていた商品が売れなくなるようなことが当たり前のように起きている。それに伴い、企業の経営判断にもこれまで以上にスピードが要求されるようになってきた。

 さらに、経営環境は多様性も増しつつある。これは単に、消費者ニーズの多様化という話だけではない。非正規社員の増加やワークシェアリングの普及などに起因する中長期的な社会構造の変化に伴い、企業の中で働く従業員の価値観やワークスタイルも多様さを増しつつあるのだ。

 今日の企業経営には、こうした状況に柔軟かつスピーディーに対応することが求められる。そして、こうした経営戦略を下支えするITも遅れず追従していく必要がある。今日、「柔軟性」と「多様性」を備えたITこそが、ビジネスの成長を担保できるのだ。マイクロソフトでは、まさにこのようなIT戦略を効率的かつ迅速に実現するためのソリューションを提供しているという。さらに同社は、経営環境の変化への柔軟な対応を可能にするクラウドサービスでも同等の基盤を用意している。以降で、その具体的な内容を見ていくことにしよう。

提供:マイクロソフト株式会社

提供:マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部