2010年07月07日 16時19分 UPDATE
ニュース

NEWS「組織内部の端末保護を含む総合的なセキュリティ対策を」――NRIセキュア

NRIセキュアは企業の情報セキュリティに関する分析結果を発表。従来の保護方法では、新たな脅威であるWeb感染型マルウェアへの対策が不十分であるとした。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 NRIセキュアテクノロジーズは7月6日、企業の情報セキュリティに関する状況をまとめた「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2010」を発表した。同社の情報セキュリティ関連サービス「マネージドセキュリティサービス」「セキュリティ診断サービス」を利用した企業のデータを基に分析された。

 同リポートによると、31%の企業がIDとパスワードがあればログインできるWebサイトやサービスを公開、第三者からのアクセスを許しており、2009年度猛威を振るった「Gumblar」に代表されるWeb感染型マルウェア攻撃の被害に遭う可能性があることが分かった。

 Gumblarは、FTPアカウントを詐取し、そのアカウントを使用してWebコンテンツを改ざんする攻撃手法。よって何らかの形でリモートログインサービスを公開しているシステムで、たとえネットワーク基盤やWebアプリケーションに対するセキュリティ対策が施されていたとしても、エンドーユーザーの安易な行動(怪しいWebサイトを閲覧するなど)でアカウント情報が盗まれてしまえば、マルウェアに感染する。

 同社ソリューション事業部 セキュリティエンジニアの高橋素良氏は、「企業のネットワーク基盤を狙う外部からの攻撃は引き続き多いが、既に多数のシステムで対策が進んでいるため、被害は年々低下している。Webアプリケーションを狙う攻撃に対しては、セキュリティ対策が十分でないWebサイトが依然多く、セキュリティ診断サービスで致命的な問題点が発見されたWebサイトの割合は36%であった」と、従来のインターネット境界部分における保護対策の現状を説明した。

画像 2010年以降、企業の情報システムに求められるセキュリティマネジメント

 同社では今後の対策として、従来の対策の徹底に加え、組織内部の端末保護、社員教育、緊急対策の策定までを含めた、総合的なセキュリティ対策が必要であるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...