2010年08月27日 11時05分 UPDATE
ニュース

NEWS重複排除機能を標準搭載したデータ保護統合ソリューション「Cofio AIMstor」

ラネクシーは、米国コフィオ ソフトウェアの国内販売代理店を務めるノックスとリセラー契約を締結。データ保護統合ソリューション「Cofio AIMstor」の国内販売を開始する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 ラネクシーは8月25日、米国コフィオ ソフトウェアが開発したデータ保護統合ソリューション「Cofio AIMstor(エーアイエムストア)」を9月より販売開始すると発表した。同発表は、コフィオ ソフトウェアの国内総販売代理店であるノックスとのリセラー契約締結によるもの。

 Cofio AIMstorは、企業データを保護、保全、復元する機能を単一パッケージに搭載したデータ保護統合ソリューション。重複排除機能を標準装備し、ファイルバックアップ、CDP(継続的データ保護)、ファイルバージョニング(ファイル版管理)など、データの特性に合わせた保護ができる。

 万が一のシステム障害やサーバがクラッシュした場合には、サーバOSの復旧機能に加え、常に最新のデータを別のサーバへ反映(ミラー化)させる。タイムラグなしでミラーサーバへの切り替えが可能だ。

 そのほかデータアーカイブ機能も搭載し、コンプライアンス強化にも有効とする。

画像 ラネクシー 代表取締役 二瓶孝二氏

 ラネクシー代表取締役の二瓶孝二氏はCofio AIMstorの市場での優位性として、単一製品でデータの保護からシステム環境の保全が可能な点を強調する。加えて、操作性の良い画面(ワークフローユーザーインタフェース:WUI)で、すべての機能をシンプルかつ容易に利用できる点を紹介した。「クライアントPCや各種サーバ、ストレージの保護を大幅に効率化するとともに、万が一のときの迅速なシステム復旧を実現する。ビジネス継続性の向上、コンプライアンスの強化、安心して業務に注力できるビジネス基盤を提供する」(二瓶氏)

 製品ラインアップおよび価格体系は以下の通り。

製品名 AIMstor Single Server AIMstor Starter Group AIMstor Workgroup AIMstor Data Center AIMstor Enterprise
価格 4万8000円 9万8000円 22万円 64万円 146万円
初期ソースノード数 1 3 5 10 25
バックアップ対象の初期容量 300Gバイト 600Gバイト 2Tバイト 3Tバイト 5Tバイト
画像 データ保護製品(ファイルバックアップ)市場におけるAIMstorのポジション。二瓶氏の発表資料より

 二瓶氏は、Cofio AIMstorを他社製品と比較しながら、低コストで幅広い企業規模の対応できる点を示した。中でも、従業員数100〜1000人規模の中堅・中小企業に向けて拡販していきたい考えだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...