Loading
2010年09月28日 00時00分 UPDATE
PR

受発注・在庫管理業務アプリケーション「glovia オーダーマネジメント」Force.com上で稼働するSaaS型の受発注・在庫管理アプリケーションが登場

受発注業務アプリケーションの悩みを解決するソリューションが登場した。クラウドコンピューティング上にSaaS型のアプリケーションとして構築することで、導入のしやすさと低コストを実現している。

[ITmedia]

 モノやサービスを販売、提供している企業なら必ず行っているのが受発注業務。具体的には見積や受注、在庫管理、出荷/返品、請求、そして購買などの業務が含まれる。

 ある一定規模のビジネスを行っている企業であれば、この受発注業務は何らかのシステムを使用している。システムで活躍しているのが基幹系のERPパッケージに含まれる受発注業務アプリケーションである。ERPパッケージを活用することで、会計などほかのシステムとも連携でき、企業にとっては全体最適を図れるというメリットがある。

 ただ、ERPなどのパッケージで受発注業務アプリケーションを導入するためにはサーバなどのインフラ環境、運用管理のスタッフなどが必要になり、一時的に高い費用が発生してしまう。さらに導入のためのコンサルティングやエンドユーザーに対するトレーニング、サポートも必要で、IT予算が厳しい中堅・中小規模の企業が気軽に導入できるシステムではない。

 その受発注業務アプリケーションにもクラウドコンピューティング、SaaSという新しい波が来ている。米セールスフォース・ドットコムのPaaS(Platform as a Service)サービス「Force.com」上に構築された最新のSaaS型受発注・在庫管理業務アプリケーションを紹介しよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「グロービア インターナショナル株式会社」に収集される
  • 「グロービア インターナショナル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「グロービア インターナショナル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:グロービア インターナショナル株式会社

提供:グロービア インターナショナル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部