2010年12月01日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!今、デスクトップ仮想化ソリューションに踏み切るには

「初期費用が高い?」「運用管理が複雑になる?」……デスクトップ仮想化を検討するTechTargetジャパン読者の不安を解決するソリューションをベンダー各社が提案する。

[ITmedia]

デスクトップ仮想化ソリューション導入に踏み切れない企業への提案

TechTargetジャパンでは2010年7〜8月、デスクトップ仮想化に関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:初期費用、運用管理にコストや手間を掛けたくない

課題2:技術や製品の基礎知識が不足している

課題3:気になる! 動作環境、使いやすさ



パナソニック電工インフォメーションシステムズ「仮想クライアントソリューション」

ユーザー発のSIならではの徹底した顧客視点でデスクトップ仮想化ソリューションを提案

デスクトップ仮想化の導入がいよいよ本格化している。そんな中、他社に先駆けシンクライアント事業に参入し、現在もデスクトップ仮想化の導入に積極的なのがパナソニック電工インフォメーションシステムズだ。


東芝情報機器株式会社

シンクライアント導入に踏み切れない企業への「回答」

情報セキュリティ対策、運用管理のTCO削減などを目的に、シンクライアントの導入を検討している企業への朗報だ。東芝ノートPCを使った「仮想化デスクトップ」で、デスクトップやユーザーデータの集中管理を実現する。


東芝情報機器株式会社

PCの生産性・利便性を生かしながらシンクライアントのメリットを実現

大規模なサーバシステムを必要とせず、デスクトップとユーザーデータを集中管理できる仮想デスクトップのSV-PC。オフラインでの使用も可能だ。ここでは、SV-PCのシステム構成図、動作環境、製品体系、保守サポートサービスなどを紹介する。


読者調査結果リポート

デスクトップ仮想化導入に関するアンケート調査リポート

まだ見えぬ「デスクトップ仮想化元年」

TechTargetジャパンでは今回、デスクトップ仮想化に関する会員アンケートを実施した。サーバ/クライアント型でデスクトップ仮想化を導入している企業は12%という結果だった。