2010年12月08日 00時00分 UPDATE
PR

シーティーシー・エスピー「Stratus Avanceソフトウェア」3分の1のコストでクラスタシステムを凌駕する可用性99.99%以上を実現

高価な製品、スキルの高い管理者を配置すれば高信頼性システムは構築できる。しかしそれを3分の1のコストで容易に構築できるとしたら?

[TechTargetジャパン]

 システムの冗長化を検討する際、現在、多くの企業が構築しているのがクラスタシステムによる高可用性ソリューションではないだろうか。しかし、クラスタシステムの構築に当たっては、多大な工数とコストを要するとともに、導入後の運用管理にも大きな負荷が掛かる。大規模なIT予算を確保できない企業にとって、高信頼性システムの構築は非常にハードルの高い問題である。さらに通常のクラスタソフトウェアでは、企業特有のアプリケーションを利用した場合にフェイルオーバーのサポートがメーカーから正式に受けられないといった悩みも抱えている。

 これらの問題点をすべて解決する革新的機能を備えているのが、シーティーシー・エスピー(以下、CTCSP)が販売する連続可用性仮想化ソリューション「Stratus Avanceソフトウェア」だ。同ソリューションを標準IAサーバ2台に搭載するだけで、クラスタシステムを上回る可用性99.99%以上を実現し、さらにクラスタシステムと比較して構築費用が約3分の1に抑えられるなどTCOの大幅削減にも貢献するという。今回は、事業継続性への対応が求められる中、ハイアベイラビリティソリューション市場で一躍注目を集めているStratus Avanceソフトウェアを紹介する。

提供:シーティーシー・エスピー株式会社

提供:シーティーシー・エスピー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2011年2月7日