2010年12月14日 00時00分 UPDATE
PR

デル「Efficient Enterprise」ITインフラの効率化が導く公共セクターの変革

デルが掲げる「Efficient Enterprise」は、一般企業のITインフラの効率化に大きな示唆を与えてきた。その波は、変革が求められる公共セクターにも広がっている。

[ITmedia]
logo

 医療機関や教育機関、官公庁・自治体などの公共セクターも事業運営を効率化しなければ、公益に資することができない時代になってきた。民間企業と同様に、ITが事業運営と不可分な現在、事業運営の効率化にITが果たす役割は小さくない。

 その点、デルが提唱する「Efficient Enterprise」の考え方は、公共セクターにとっても十分に有効だろう。「標準化」「シンプル化」「自動化」の三原則に基づきITインフラを徹底して効率化。既存資産の保守に引きずられていたIT予算を新規投資に振り向け、事業運営を効率化していく。

 デルはITインフラを構成するサーバ、ストレージ、ネットワークの3分野において、オープンでスタンダードな製品と先進のソリューションを持つ。ベンダーにロックインされることが多い公共セクターにとって、デルは真のパートナーとなる。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部